2007年09月18日

リトアニア代表、クロアチア代表を破り4強へ

スペインで開催されているヨーロッパ選手権の決勝トーナメント準々決勝でリトアニア代表がクロアチア代表と対戦。74対72の接戦でクロアチア代表を下し、準決勝にコマを進めたことが分かった。大会の公式ページが伝えている。

 これまで全勝のリトアニア代表が実力を発揮した。リトアニア代表は前半38対35と3点リードで折り返すが、第3Qにクロアチア代表に15対20と逆転を許し、2点ビハインドで最終Qへ突入。第4Q序盤にワシントン・ウィザーズで活躍するダリアス・サンガイラのレイアップシュートで再逆転すると、そこからはリトアニア代表が試合を優位に進めていく。最後は落ち着いてボールをキープし、74対72でクロアチア代表を撃破した。

 リトアニア代表はサンガイラがチームハイの20得点、7リバウンドの活躍。デンバー・ナゲッツのリナス・クレイザも19得点、9リバウンドをマークした。NBAプレーヤーの活躍でクロアチア代表を破ったリトアニア代表は、準決勝でアンドレイ・キリレンコ(ユタ・ジャズ)率いるロシア代表と対戦する。
posted by -ゆう- at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。